HOME| 工事料金が知りたい工事で失敗したくないお客様からの声を見てみるよくあるご質問
  現役のエアコン工事屋がそっと教える「エアコン工事で失敗しないコツ」
   エアコンの取り付けはちょっと待ってください!!これを読むまでは・・
@事前の打ち合せは綿密に・・・

※事前に報告するとよいこと
@エアコンの大きさと台数(品番は出来れば教えてください) 
Aエアコンの室内機と室外機の設置場所(なるべく詳しく) 
B一戸建てかマンションかアパート(賃貸か持ち家か)
C穴は空いているか。空いてない時は、建物の外壁の種類を。
(木造/コンクリート/ガルバリウムなど)
Dエアコン専用のコンセント(電源)はあるか、200V機種の場合、コンセントの電源は200Vになっているか。
Eその他に追加したい工事はあるか。(取外しや処分、化粧カバーなど)
F希望の工事日(決まっている場合)
G可能であれば現場の写真をメールで添付したりして送っておくこともいいと思います


※標準工事があまりに安いところは配管が別料金だったり、
追加工事を高く設定してある所もあります。

※配管は、業者によっては追加料金がかかる場合もあります。

配管の料金は標準工事の中に入っているかを確認してください。

標準工事の図(当店価格です)
このような設置状況ですと16200円です。(〜4.0kw、配管3m以内、エアコンノーマルタイプ、据え置き台付き)

Aエアコンが取り付けられない・・・!?
取付けたいと思っていた場所にエアコンをつけようとしたら、カーテンレールが邪魔をして泣く泣くカーテンポールを切るはめになったこともあるんです。壁の幅は取り付け可能でも、カーテンレールの端っこについているポールの分を計算に入れていないことがありますので、必ずカーテンレールの全径を計りましょう。また、カタログなどでエアコン(室内機)のたて×よこの寸法を調べて、エアコンをつけたい場所に取り付けられるサイズかどうかをよく確認してください。

特にアイアンのカーテンポールは注意してください
エアコンを選ぶポイント
@最近のエアコンは、上から空気を吸い込むタイプですので天井からの隙間が6cm以上(最低でも5cm)必要になります。今付いているエアコンが天井近くについている場合は、高さが低いエアコンを選んでください。もし分からない場合はお気軽にお電話、もしくはメールで聞いてください。
0120-057-721(フリーアクセス)
メールは→

B真空引きをやってくれるかどうかを確認   
エアコンの取り付けにあたり、最後に真空引きといってポンプを使用して、配管の中を真空乾燥させる作業が必要となります。業者によっては数をさばくためにこれを怠るところもあるようで、中には「真空引きは別料金です」とって追加料金を取られることもあります。

では真空引きは何故必要なのでしょうか・・・エアコンの配管の中に水分を含んだ空気や不純物が混入しますとコンプレッサーを詰まらせたりして故障の原因となり修理するとなると多額の費用が発生することになります。そのため真空引きと呼ばれる作業が必要となるのです。
右図のように真空ポンプを使ってやる真空引きの方法と手動の簡易式の真空引きポンプを使う方も見えます。

それでは真空引きをやらないとどうなるのでしょうか?・・・・簡潔にいいますと、せっかく買ったエアコンの能力を100%発揮できずに使い続けることになります。最悪の場合、早い段階で壊れることになるかもしれません(泣)

ポンプを使った真空引きの図

真空ポンプ「ツイてるくん1号機」
【今は倉庫で静かにご隠居してます】
ご苦労さまでした。

真空ポンプ「ツイてるくん2号機」がただ今稼動中です。


ただ今稼動中〜
真空ポンプ「ツイてるくん2号機」トーマスにそっくりな子です。おもちゃみたいですがちゃんとパワーあります。壊れないで頑張ってくれています。
三菱霧ヶ峰 


C引越しで移設するとガスが抜けて補充が必要というのは??

よくお客様に「引越しを何度もするとガスが抜けるというのは本当ですか?」と聞かれることが多いです。このご質問に関しましてこれは大ベテラン工事師のT様のご意見によりますと・・・
「昔にワンショットタイプの配管接続で 冷房、暖房を繰り返して行く内にゴムの柔軟性が損なわれて(経年劣化) 切り離しの時に(つまり引っ越す度に)少しずつ抜けていくんですね。(ゴムの劣化具合で抜ける量が違う) 元々はこういう事から言われているんだと思います。またごくまれに、機械のガス弁のパッキンが老朽化、若しくは一部不良とかで抜けるケースもございます。
  というご意見を頂きました。とても分かりやすいですね。T様ありがとうございます。とても勉強になります!感謝。

配管のつなぎ目の弁のゴムパッキンが劣化して次第に抜けていくことがあります、ということは覚えておいてください。

また、工事料金があまりに安いので追加料金を取るために、「ガスがありませんよ」と言って必要のないガスを入れる業者もいるということも聞きます。

また、ご自分で外したり、取り付けしたりする方も見えますが、あまりお勧めはいたしません。年に1人か2人効かなくなったとご依頼を頂くことがあります。エアコンのガス補充、チャージには取り付け工事分くらいの費用がかかりますよ。

引越しなどでエアコンを外すときには
ポンプダウンといって、冷房運転を行いガスを室外機に回収する作業を行います。キチンとやっていればまず抜けることはないのです。効きが悪いなと思ったら、まずエアコンの風の吸入口と噴出し口の温度差を図ってみてください。(右図参照)温度差が冷房で10度以上、暖房で14度以上あれば効きに問題はないと思われます。
後はお部屋の状況、エアコンの容量などの問題もあるかもしれません。


室外機の設置に関して注意すること その@
お隣さんとの距離が近い場合、室外機の風でトラブルになることがあります。後から「どけてくれ」と言われる場合もありますので、あらかじめ許可を得るか、違う方向に向けるかを考えたほうがいいと思います。

室外機の設置に関して注意すること そのA

新築で犬走りなどに室外機を設置する場合、後からコンクリートを入れると室外機をどかさないといけないかもしれません。その際に無理に動かしてガス漏れの原因になることもあります。コンクリートを入れて、室外機が置けるようになったら設置するようにしてください。

D移設の時、外された配管のつなぎ目の養生はされているか
引越しなどでエアコンを外した際に室内機と室外機のはずされた部分はテープなどで養生はされているかを必ず確認して、もしテープがされていなかったら直ちにつなぎ目にビニールテープなどで養生してください。
配管の中にゴミや不純物が入るとコンプレッサーの故障の原因となり、莫大な修理費用がかかったり、買い換えることになってしまいます。素人などが外した場合は要注意。必ず確認をしてください。


E筋交いの位置をよく確認しておきましょう。
せっかく建てた、とても大事な家。その家を支えるもっとも大切な部分が
筋交いですね。でもこの筋交いがエアコンの穴を空ける時にちょうど重なる位置にあることが多いのです。私も現場でよく大工さんや現場監督さんに聞くことがあるのですが、筋交いの位置は現場によっても違うし、その職人さんによって入れ方に癖や決まりがある場合もあるそうなのです。ですのでエアコンをつける位置が決まったらその部分だけでもいいので、壁のクロスに跡が残らないマスキングテープなどで筋交いのある位置に目印をつけておいてもらうと、安心してエアコンをつけることができますよね。
予め、まだクロスなどを張る前のむき出しの状態でエアコンを付ける位置を写真にとっておくこともお勧めです。



おまけのはなし 其の@
昨年、親戚の家のエアコンを取替えに行きましたら、エアコンを外した跡の穴の中を覗いてみると、なんと筋交いが見事に切られていました〜(泣)なんとか少しでも補修してあげましたが、知らないということは恐ろしいね。

F穴空け料金は取られるか事前に聞きましょう
穴あけの料金は、業者によっては後から請求される場合もあるようですので一度確認してみてください。コンクリートの外壁の時は1箇所目から穴開け料金が発生することが多いです。住宅会社さんの中には頼めば空けてくれる所もあるようですので予め空けておいてもらってもいいと思います。ちなみにコンクリートの穴開けはエアコン取り付け工事分くらいの費用がかかります。


Gエアコンの機種が100Vか、200Vかを確認しておきましょう。
エアコンが200Vの機種の場合、引越し先や新居の電源(コンセント)が100Vのままですと100vから200vへの変換が必要となり、追加料金が発生します。それをやらないとエアコンは使えませんので、はじめに調べておきましょう。また、コンセントの形状が変わるときも追加料金が発生しますので形状もしらべておくと安心です。 
※コンセントプラグの形状はこちらで確認してね⇒プラグの形

※当店は愛知・岐阜・三重(一部)の工事限定の業者です。
その他の地域の方のご質問はできればメールでお願いします。
>>